競技規則

本大会は山林を含む約49kmを走破するレースです。 天候悪化、体調不良、道迷い、転倒、滑落、落石などによる様々な傷病や遭難のリスクについては、全て参加者の自己責任となり、主催者は一切責を負いません。 また参加登録完了後は、いかなる事由においても参加料の返金は行いません。
下記競技方法含めて熟読し、全て同意の上でお申込み下さい。

競技方法

  1. (1)定められたコースのタイムレース方式とします。
  2. (2)第1関門から第6関門に制限時間を設け、これを超えた選手はレースを中止し、スタッフの指示に従い下山してください。
    関門の時間制限は、関門を出る時刻です。
    1. ・第1関門は、文代峠①(14km地点)、制限時間はスタート後3時間15分(10:15)とする。
    2. ・第2関門は、久保川①(17.1km地点)、制限時間はスタート後3時間45分(10:45)とする。
    3. ・第3関門は、庄谷相①(22.7km地点)、制限時間はスタート後5時間15分(12:15)とする。
    4. ・第4関門は、庄谷相②(30.7km地点)、制限時間がスタート後7時間(14:00)とする。
    5. ・第5関門は、久保川②(36.3km地点)、制限時間がスタート後7時間50分(14:50)とする。
    6. ・第6関門は、文代峠②(39.4㎞地点)、制限時間がスタート後8時間30分(15:30)とする。
    7. ・定められた6つの関門を制限時間内にクリアした後、フィニッシュ制限時間は10時間(17:00)とする。
  3. (3)大会参加者は必ず大会当日に参加受付をしなければいけません。代理人による受付は不可、誓約書・体調管理チェックシートの提出を必須とします。
  4. (4)年齢・性別の虚偽の申告、申込者以外の出場(不正出場)は認めません。その場合は出場が取り消されます。
  5. (5)レースに登録していない者の伴走はできません。
  6. (6)歩行区間があります。(龍河洞内は歩行区間です。必ず歩行してください。)

自然保護に関するルール技方法自然環境の中で行われること・主旨を十分に理解した上でルールを厳守してください)

  1. (1)トレイルコースからはずれることを禁止します。自然保護上必要な箇所には、追い越し禁止、その他の制限を設定します。
  2. (2)コース上および全区域で動植物、菌類、岩石などを採取、損傷することを禁止します。
  3. (3)ゴミは絶対に捨てないでください。マスクなどの落とし物にも注意してください。
  4. (4)用便は決められたトイレを使用してください。

一般利用者・大会参加者・土地の所有者への配慮について

  1. (1)レース中、ケガ、病気などで身動きできないランナーと遭遇した場合は、その救助を優先してください。
  2. (2)レースを支えてくれる関係者や地元の人々、ボランティアに対する感謝の気持ちを忘れないでください。
  3. (3)コースは大会で占有をしているものではなく、一般利用者も使用していることを十分に理解し、その通行を妨げてはいけません。
    その他の場所でも、安全な場所で走らず歩いて追い抜いてください。追い抜く時、すれ違う時には挨拶を忘れないでください。
  4. (4)コース上に存在するすべての建造物・園地(みかん畑・ゆず畑等)の木などを傷つけないようにしてください。
  5. (5)指定されたコース以外には絶対に立ち入らないでください。(大会当日のみ走行可、試走不可の区間があります)
  6. (6)道路占有許可をした以外の舗装路では必ず歩道を走ってください。また道路横断に関しては誘導スタッフの指示に従ってください。

エイドステーション(AS)について

往路 復路
エイドステーション 1 AS 1 龍河洞
エイドステーション 2 AS 2-① 文代峠①[バナナ] AS 2-② 文代峠②[ゼリー]
エイドステーション 3 AS 3-① 久保川①[みかん] AS 3-② 久保川②[みかん]
エイドステーション 4 AS 4-① 黒見① AS 4-② 黒見②
エイドステーション 5 AS 5-① 庄谷相①[塩むすび・みかん] AS 5-② 庄谷相②[みかん]
エイドステーション 6 AS 6 物部森林貯木場
  • ※全てのエイドステーションにドリンク・チョコ・飴が用意されています
  • ※エイド内容は変更になる場合があります
  • ※感染症対策のため、私設エイドは禁止します
  • ※山北公民館にて食事(ふるさと弁当)をご用意してあります

コース上の案内について

  • (1)土地所有者および管理者の許可を得て、必要最低限のマーキングテープや表示看板、スタッフの配置を行っています。その指示に従ってください。
  • (2)通過チェック・道路横断などで走行の中断を指示する場合があります。スタッフの指示に従ってください。
  • (3)コース上のマーキングや案内表示は大会直前に設置され、終了後すぐに撤去されます。

救助および医療援助の体制

  • (1)競技が安全に行われるために、可能な限りのコース整備と、救助および医療援助体制を準備しています。
    選手はトレイルランという自然の中で行われる競技に危険が伴うことを充分に認識し、ケガ、病気、事故などに対して、自己の責任において大会に出場してください。
  • (2)応急処置の救急セットは全てのエイドステーションにあります。ランナー通過に合わせて看護師を配備しており、エイドステーションに看護師が待機している場合はその表示があります。 また、コース上にマーシャルを配置しています。これらの救護所は大会本部と無線もしくは携帯電話でつながっています。
    • ※環境やその状況により、援助が到着するまでに時間が長くかかる場合があります
    • ※看護師に処置を受けた選手は、レース後に必ず専門医を受診し、診察結果を大会本部へ伝達してください
  • (3)看護師から大会本部への連絡により、これ以上競技を続けられない選手には、競技を中止させる権限があり、その際に計測チップを回収する場合があります。
  • (4)救護される人間にその必要があると判断され、救助隊を呼ぶことがあります。この場合にかかった費用は救護された方に負担していただきます。

リタイア(棄権)について

途中棄権をする場合はスタッフに申告してください。以後レースに復帰することは出来ません。スタッフに計測チップを渡してください。

  • (1)エイドステーションでリタイアする場合はスタッフに途中棄権する旨を申告してください。
  • (2)レースを中止した場合、エイドステーションからフィニッシュ会場まで収容車両を使って戻ることが出来ます。なお、エイドステーション4黒見①または黒見②でのリタイアは、場合によって庄谷相または久保川まで自身で移動していただく場合があります。また、車両の手配に時間がかかる場合があります。
    • ※感染症対策の為なるだけ収容車両での搬送は避けたいため、スタート地点に自走して戻れるように、リタイアする場合は早めに判断してください。
  • (3)コース上でリタイアする場合は、必ずスタッフまたは大会本部に申告してください。
    自力で動ける選手は、次の、または手前のエイドステーションまで移動してもらいます。自力で移動できない場合は、スタッフの指示に従ってください。
    • ※コース上でのリタイアは、収容に時間がかかることが予想されます。体力に自信がもてないときは、黒見①または②以外の、ひとつ手前のエイドステーションでリタイア申告してください。

通過人数・行方不明者の特定

  • ・通過チェックの際に、出走人数・完走人数の管理を行いますので必ず受けて下さい。
    その際、ランナーストップをかける場合があります。スタッフの指示に従ってください。
  • ・棄権する場合は必ず近くのスタッフに連絡を行って下さい。無断でリタイアされますと捜索を行わないといけなくなります。

装備チェックリスト

必携品(必ず装備として携帯するもの)チェックは行いませんが携帯を義務とします。

  • (1)コース図またはログデータを携帯電話の地図アプリ(現在地がわかるもの)にインストールする。
  • (2)携帯電話(大会事務局の電話番号[ナンバーカードに明記]を登録)し、非通知にせず十分に充電すること。
    ※道迷い等のリスク軽減の為にジオグラフィカ・YAMAP等のアプリが使用できるスマートフォン(予備電池含む)の携帯を推奨します。
  • (3)マイコップ(容器)(エイドステーションに紙コップの用意はありません。)
  • (4)マスク(ヘッドウエア等)受付・更衣・出走前など、レース以外はマスクの着用をしてください。
  • (5)健康保険証のコピー
  • (6)500ml以上の飲料水(スタート時)
  • (7)行動食
  • (8)ファーストエイドキット(絆創膏/テーピングなど)
  • (9)防寒具(レインウエア上下)
  • (10)ゼッケン(ザックで隠れないように前後の見えやすい場所につけてください。)
  • (11)ホイッスル

禁止事項

選手が以下のルールに反しスタッフの注意に従わなかった場合は、その場でレースを中止(失格)させることがあります。

  • (1)コースをショートカットしたり、はみだしたりすること
  • (2)必携品を装備しないこと
  • (3)ごみを捨てる行為(選手のサポートスタッフを含む)
  • (4)選手以外の者と伴走すること
  • (5)不正行為(乗り物の使用、代走、その他法律に抵触する行為など)
  • (6)競技中のゼッケンの不着用、計測チップの不携帯
  • (7)レースのスタッフや看護師、スウィーパー、マーシャルの指示に従わないこと
  • (8)関門時間後のレースの続行

その他・注意事項

  • (1)ゼッケン番号順(年齢降順と過去の大会上位入賞者のタイム降順により主催者側にて決定)ウェーブスタート。
  • (2)後日「参加通知書」を郵送いたします。駐車場や受付時刻・必携品・エイドでの注意事項など、熟読してください。
    • ・体調管理チェックシート…2週間前(9月19日から毎日の体調をチェックし、記入してください。当日提出してください。
    • ・コースマップ…熟読して大会に臨んでください。合わせてログデータを携帯に保存してください。
    • ・参加誓約書…大会当日に署名捺印したものをご持参ください。忘れると出走できません。
    • ・ゼッケン…大会当日に必ず持参してください。予備はありません。忘れると出走できません。
  • (3)コースマップを香南市観光協会のHP・土佐塩の道トレイルランニングレースFacebookに掲載します。事前に確認をお願いします。
  • (4)本大会で加入している保険は、感染症・熱中症は対象外となりますのでご了承ください。
  • (5)本大会は、手作りの大会ですので、何かと不行き届きの点も多いかと思いますが、ご理解とご協力をお願い致します。

責任

【選手の責任】

  • ・このレースの参加にあたってすべてを自己責任とします。

【主催者の責任】

  • ・参加者の故意によらないコース上の器物破損(対動植物、対物の事故、トレイルの崩壊など)
  • ・コース上のマーキングおよび案内看板
  • ・スタッフの安全管理

大会中止等の判断とその周知について

下記の事由により大会の開催・継続が困難と主催者で判断した場合は、大会中止または大会の途中中断、コースの短縮を行います。大会開催日を延期することはありません。

  • ・気象警報発令時
  • ・降水が続き大会を開催する事によりトレイルに深刻なダメージを与える可能性がある場合
  • ・コース途中における崖崩れ、落石など、ランナーの安全を確保できないと判断された場合
  • ・災害時(警戒宣言発令時)
  • ・コース近辺で大地震が発生したときや、周辺地域に関わる大雨・暴風などの「気象警報」、「土砂災害警戒警報」が発表された時は、その影響を検討した上で主催者が中止もしくはコースの変更・短縮を判断します。
  • ・地震、風水害、事件、事故、疫病などによる開催縮小、中止、通知方法などについてはその都度主催者が判断し決定します。
  • ・大会中止の判断は大会当日または前日までに大会Facebookにて発表します。電話でのお問い合わせはご遠慮ください。
    レース中に中止を判断した場合は各エイドステーションで正式に公表します。
  • ・大会中止の際でも原則として参加料の返金はいたしません。

大会公式応援エリア

龍河洞のエイド地点から龍河洞入口、庄谷相、物部森林貯木場、君子方神社、あぐりのさと、山北公民館です。 応援の際はマスク(ヘッドウエア等)を必ず着用してください。龍河洞以外は駐車できる台数が限られます。龍河洞・物部森林貯木場以外のエイドステーション等は道幅が狭く、また駐車スペースが確保できないため、ご遠慮ください。

大会出場中の著作権、掲載権

大会出場中の選手やサポーターの写真・映像・記録・位置情報・記事等について、新聞・雑誌・テレビ・インターネット等への著作権・掲載権は主催者に属します。

地図データのダウンロード

土佐塩の道トレイルランニングレース2021(49㎞コース)のGPXデータ、KMLデータは、以下よりダウンロードすることができます。携帯電話などにダウンロードしてご利用ください。